楽しいアラサーフリーター日記

30代未婚ブス時給840円がぐちぐち書いています

12月27日 機嫌よく過ごすの無理

 

年末、めちゃくちゃ忙しいので、ほかの売場の応援にかり出されることが多々あります。

でも応援に行った先の売場は、応援を欲しているわけですからそらもう戦場なんですよね。

みんな殺気立ってて、

私「あのー、お客様からこの商品の在庫について聞かれてるんですけど」

〜〜絶対聞こえてるのに全員ガン無視〜〜

みたいな感じなんですよね。

もうお客様どころではなくなってて、もう全員品出しに命懸けちゃってるんですよ。もうなんのこっちゃわからん感じなんですよ。

私だけでなくお客様が声をかけても、売場の人は

〜〜品だしが忙しすぎて私には何も聞こえません〜〜

って感じなので、みなさん私のところに来られるんです。

売り場の商品に詳しくないので、売場の人に聞かざるを得ないけど、聞くたびにイヤな顔されたりため息つかれたりする。

心の狭くイライラだけはいっちょまえの私は当然(応援に来てやってんのになんじゃその態度!!!!???来たくてきてんじゃないんですけど!!!)ってなって、イライラがたまってたんです。

で、その気分のまま接客しようとして、はっと気付いたんですよね。

こんな気分のまま接客してたらダメだ、ここの売場のみんなと一緒になってる、不愉快にさせてしまう…と。

(まさかの初めての気付き)

 

そこから自分に「穏やかに…お客様第一に…私は仕事が大好きだ…シナダシ…タノシイ…ナカマ…ホントハイイヒト…」って言い聞かせて仕事をこなしていったら、なんか本当に穏やかに仕事ができたんですよね。品だしもはかどったし。

 

不思議。

 

そっか、これだ!なるほど〜と思って、いい気分で自分の売り場に帰ったら、仕事がたまりにたまってて上司に「いつおわるの!?これ!ねえ!?」と叱られ「応援に行ってたんで・・・」と言ったら「ほーらすぐそうやって言い訳する!応援に行く前はなんでできなかった!?今は!?あと何時間で終わる?ねえ?早く答えて」とド正論で刺され、穏やかに・・・とかそんなこと思う間もなく私は死んだのでした。

明日も頑張ります。