読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいアラサーフリーター日記

負けとかそういう次元じゃないところに生きてる ~今月のお賃金12万円 先月11.2万円~

9月22日 山月記

今週のお題「プレゼントしたい本」

何かに挫折しそれを引きずっている人に贈りたい本。

山月記です。  中島敦 山月記 ←青空文庫

 

中学校の暗黒歴史時代、教室でドヤ顔で広げてました。

もちろん漢字ばっかりの小難しい小説を読む私☆アピールです。忘れたい。

その時は内容を理解できなかったのですが、高校で学んでなんとなく意味が分かり、

「李徴妻子捨てて最悪やんけ」という感想しかありませんでしたが。

ハタチ過ぎて大学辞めて、ニートの時に何気なく読み返して・・・もう・・・ぎゃああってなったよね。

 

そもそも部下と歩いてるときに、草むらからブツブツ知り合いの声がしたとして、

「その声は、我が友、李徴子ではないか?」

って声かけます???普通かけないですよね。

「(この声李徴じゃね?あいつやべえ~)はい、みんな足元に気を付けてね~行くよ~」ですよ。

いやいや袁※(「にんべん+參」、第4水準2-1-79)の男っぷりよ。

 

あとは李徴が言う「尊大な羞恥心」。

それな。ほんとそれな。

時に、残月、光冷ややかに~からの李徴の語りは涙なくして読めません。

 

>向うの山の頂の巖に上り、空谷に向ってえる。この胸を灼く悲しみを誰かに訴えたいのだ。

私も吼えたいけど近所迷惑になるし、そんなわけでひっそりとブログをやっているのだなあ・・・としみじみ思いました。